2人の赤ちゃんと母親

育児の悩みを相談

子どもが生まれたら多くの世話に追われてしまうようになります。生まれたての赤ちゃんになると気持ちが分からなくて対応に困ってしまうことがあることでしょう。育児ノイローゼになってしまう前にも相談を行っておきましょう。

Read more

親子の手

多くの情報を集める

育児を行っていくためには、多くの知識が必要になってきます。インターネットや育児書を用いて調べていくことが出来るため、様々な方法を用いて解決を図っていくように心がけていくようにしましょう。

Read more

かわいい赤ちゃん

各家庭に設置する

ウォーターサーバーを設置することによって赤ちゃんのミルクを簡単に作れるようになります。様々なタイプが各メーカーから提供されているので、それぞれの特徴について把握しておくようにしましょう。

Read more

赤ちゃんの乾燥肌

クリームと手

繊細は肌を持つ赤ちゃんの日焼け止めには安全性の高いものを使ってあげましょう。ランキング上位の商品を要チェックですよ。

赤ちゃん肌といえばキメの整ったすべすべの肌を思い浮かべる方も多いかと思います。でも、赤ちゃんの肌は十分に発達していないため、大人よりも乾燥しやすいのが特徴です。その角質層の水分は大人よりもずっと少なく、大人の2/3程度といわれています。また、皮脂の分泌量も生後2ヶ月を過ぎると急激に減り、大人の半分以下になるといわれています。皮膚の薄さは大人の半分程度で、免疫システムや肌を外的刺激から守る仕組みもまだ十分発達していません。このように乾燥しやすい赤ちゃんの肌ですが、乾燥したままにしておくと肌が敏感になり、外からの刺激に弱くなってしまいます。また、アトピー性皮膚炎などにも注意が必要になってくるでしょう。そのため、乾燥しがちな冬の季節はもちろんのこと、普段からきちんとしたスキンケアが必要になってきます。

乾燥しやすい赤ちゃんの肌には、保湿ケアがとても大切です。お風呂上りには、ローションやクリームでしっかり水分と油分を補ってあげましょう。赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、できるだけ赤ちゃん専用のものを使ってください。肌の乾燥がひどくなると、湿疹ができたり、掻いて悪化させてしまうこともありますので、早めの対策が重要になってきます。一度悪化させてしまうと、同じところを何度も掻きむしったり、夜中に泣きながら肌を掻いたりすることもありますので、そのような場合には一度皮膚科を受診することをおすすめします。塗り薬や保湿剤を処方してもらえますし、敏感肌の赤ちゃんは皮膚トラブルを起こしやすいので、かかりつけの皮膚科があると安心です。また、スキンケアだけでなく、日頃から赤ちゃんの爪のケアもしておくとよいでしょう。

ボールと赤ちゃん

綺麗な水を摂取する

お店で販売されているミネラルウォーターはとても清潔であるため、美味しく飲むことが出来ます。サーバーがあれば料金が必要になってくるので、事前にどれくらいの費用がかかるのかについて把握しておくようにしましょう。

Read more